家臣団 修験道(強力治療特化型)

概要

荒行があるため
敵の物理攻撃で
準備が止められることが殆どない。

よって盾さえしっかりしていれば、
全体強力治療を行うことによって
隔ターン全員6000回復できる。

この型のメリットとまとめると
・詠唱付与が必要ない。
・毎ターン「治癒」を行うより回復量が多い。
・「一掃手裏剣」「つるべ撃ち」等の
 全体間接物理攻撃が来ても準備が止まらない。
などなど。

注意点として
キャンペーンなどで
家臣の能力が増強されていると
気合の値も底上げされ
上手く動かなくなる。

 

 

初期振り

生命が大事なのはどの職業も同じ
耐久は10振り。

初期振りで知力に振ることは
推奨できない。
この型では1でも気合が少ない方がうまくいく。

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
耐久訓練40
知力訓練40

追加訓練(45回)

生命訓練20
知力訓練20
耐久訓練 

特別訓練(40回)

生命訓練10回(必須
耐久訓練10回(推奨)
知力訓練10回(推奨)
魅力訓練10回(推奨)

装備入魂

全て知力に入魂。

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
耐久訓練20
知力訓練50

追加訓練(45回)

生命訓練20
知力訓練20
耐久訓練 

 

行動パターン

まず荒行を張り
敵の物理攻撃を受けても
準備が止まらないようにする。

少し待つと気合が満タンになるので
そこから全体強力治療の準備を始める。

前述した通り
多少攻撃が漏れても
準備は止まらない。
むしろ荒行の効果で気合が回復する。

よって沈黙の霧全体麻痺などの
術系の阻害を受けない限りは
確実に準備が通る。
詠唱付与をもらって
全体治癒を連打するよりも
総回復量は多い。

家臣指示」を行うと
詠唱付与があってもなくても蘇生を始める。
死人が居ない場合は裏鬼門を入力する。
敵の数が少ない時は特に何もしない。

 兵助

「下手な回復役より
多大な回復量を誇るうえ、
詠唱付与を必要としない。

荒行を張って
全体強力治療を連打。
荒行が破れたら張り直す。
その繰り返しだけだが…
単純な仕組みなだけに
 確実で強力だ。

「攻撃が漏れてきても
基本準備はとまらないが…。
もちろん死んだらそれまでだ。
盾役はきっちり標的固定する必要がある。」

「行動が自己完結しているのも魅力だ。
味方がどうであれ
毎回決まった働きをしてくれる。
そういう意味では編成に組み込みやすいかもな。」

「回復役が気まぐれすぎる
[真田クエ]なんかでは
この家臣の方が回復役としては
いいんじゃないか?
もちろん、敵の攻撃を漏らさないのが前提だが。」

「[忘却の魔境]でも
もちろん活躍できる。
特に最初の方の階層なんて
この家臣がいるだけで
 他の回復役なんて一切いらん。

「準備の特性上
沈黙には弱い。
呪詛耐性を上げてやるか
解呪する手筈を整えておいてやらないと
喰らったまま棒立ちになるぞ。
優秀な家臣だからこそ手助けが必要だ。

「攻撃が抜けまくって
準備が止められまくる…なんてことは
そうそうないと思うが
編成との相性が悪い場合もあるかもな。
その場合は普通のステ振りにして
詠唱・治癒させた方がいいかもしれん。」

「正直、特別訓練を行わくても十分通用する型だ。
その場合、耐久に訓練する分を他に回せばいいな。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。