家臣団 武士道

概要

 

金城鉄壁」があるため
開幕から標的固定に行けるのが強み。

優秀な固定技能が豊富で
心頭滅却」さえ維持出来ていれば
大抵の攻撃に耐えてくれる。
回避率も高い。

場合にもよるが
家臣の盾の中で一番安定しているだろう。

闘志」により
致死ダメージに耐えることもあるうえ、
余裕がある際は「全体看破」や「我武者羅」で
サポートも行うことができる。

 

初期振り

生命は出来得る限り伸ばしたいので
耐久は10振り。

標的固定系技能の成功率のためにも
魅力は出来るだけ振ること。

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
気合訓練40
魅力訓練40

追加訓練(45回)

生命訓練20
気合訓練20
魅力訓練 

特別訓練(50回)

生命訓練10回(必須
気合訓練10回(推奨)
耐久訓練10回
器用訓練10回
魅力訓練10回(推奨)

装備入魂

全て魅力付与

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
気合訓練20
魅力訓練40

追加訓練(45回)

生命訓練20
魅力訓練20
気合訓練 

 

行動パターン

開幕の動きは一所懸命固定。
終始心頭滅却を維持するスタイル。

看破はのみに反応し
滅却が維持出来ているなら
標的固定できていない敵を
個別に釣ろうと動く。

気合が無くなっても
生命に余裕がある場合は
精神一到を行い
立て直しを図る。

家臣指示」を行うと
一番攻撃力が高い標的に対して
我武者羅を行い
行動阻害を試みる。

 

 兵助

「上にも書いてある通り
家臣の盾の中で一番安定してる。」

「他の盾家臣・・・。
鎧鍛冶とか刀鍛冶とか
極みの▲が吹っ飛んだ瞬間
 死ぬことも多いからな。
その点武士道は結界が破れていても
 回避率の高さから生き残れる確率が高い。

「やり方と構成によっては
新しいほうのコンテンツ。
[真田クエ]や[四聖獣の塔]でも
通用するかもな。
もちろん貸出Nのが強いだろうけど。」

「[忘却の魔境]とか
NPCが貸し出してもらえないところでは
かなり優秀だ。
雇い手が盾特化じゃないなら
二人召し抱えてもいいくらい。」

「上記の実装には
反撃術関連が入ってるが…
外しても良いぞ。
筆者のただの好みだ。」

「もちろん他の実装も
必要に応じて変更した方が良い。
上に書いてある実装は
飽くまで汎用性を求めた実装例だ。」

「盾なのに耐久を訓練しないのか?
と疑問に思うかもしれない。
だが、家臣の防御が少し増えようが
 受けるダメージはそこまで変わらん。
それだったら気合を増やして
少しでも心頭滅却を維持できるように
してやった方が良い。」

「だからといって
防御力が低い装備で妥協するのはだめだ。
受ける気合ダメージにも直結するしな。
1でも高い防御力が求められるのは
昔も今も 家臣もプレイヤーも一緒だ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。