家臣団 忍法

 

概要

結界破りや看破などの
サポート技能を有し
飛跳転身などの攻撃技能も併せ持つ。

特筆すべきは
手裏剣援護空蝉の術といった
味方を守る特殊技能の使い手であること。

敵に鉄砲や弓が多い場合は
存在するだけで徒党に貢献できる。

 

初期振り

 

腕力と器用さに振りましょう。

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
腕力訓練40
器用訓練40

追加訓練(75回)

生命訓練75

 

特別訓練

知力と属性以外
全て行うことが望ましい。

 

 

家臣熟達

攻撃に徹させたいなら
腕力と器用さにガン振り。

どちらに比重を置くか悩むが
器用さを1000ほど確保できたら
残りは全て腕力でいいだろう。

 

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
腕力訓練50
器用訓練20

追加訓練(75回)

生命訓練75

 

 

行動パターン

 

 

 

 

開幕の動きは付与消し。
敵に攻撃付与詠唱付与がついてる場合
全体看破で消しにかかる。

敵に反射結界が張ってある場合
その標的の生命が8割を切っているときだけ
結界を破る行動に移る。
これは、敵全員に結界が張ってあったりした場合。
延々と結界破りを行うのを防ぐためだ。

敵の数自体が少ない場合は
生命に関係なく破りに行く。

 

 

家臣指示」を行うと
準備行動した敵に対して
封殺手裏剣を入力する。

 兵助

「忍法家臣は
そこに存在するだけ”でも
徒党に貢献できる優れたサポート特化だ。
うまく行動を指示できれば
こちらに流れを引き込むことができる。」

「一番気になるのは
腕力と器用さどちらに比重を置くか。」

「腕力を振れば威力自体が強化される。
器用さを振ればボーナスダメージが多くなる。

威力を純粋に強化するなら
まず腕力に振り
さらにダメージを底上げしたいなら
器用さに振るイメージで良い。

 

「が、死んでしまっては元も子もない。

家臣熟達が振れないうちは
まず生命と腕力に振って
熟達の書が貯まってきたら
器用さにも振り始める感じでいいぞ。」

 

もどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。