家臣団 忍法

概要

雑魚狩りには乱れ吹き矢飛跳神速
ボス戦では空蝉の術手裏剣援護
かゆいところに手が届く
サポート特化

看破や行動阻害はもちろん
瀕死の味方を手裏剣で援護したり
間接攻撃から味方を守ったり頼もしい。

疾風怒濤から飛跳神速を重ねることで
与ダメージもなかなか期待できる。

サポート技能を取り上げて
攻撃特化の行動パターンにしても
破壊力はなかなかのもの。
特に硬い敵に対して
一定のダメージが期待できる。

汎用性は高いだろう。

敵の構成に間接攻撃が多い場合
無類の強さを発揮するはず。

 

初期振り

生命が欲しいので耐久を10振り。

アタッカーとしても働いて
欲しかったので
残り全てを腕力に振った。

しかし、忍法の場合どれに振っても困ることはないはず。
知力以外なら。

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
腕力訓練40
器用訓練40

追加訓練(45回)

生命訓練20
気合訓練20
魅力訓練 

特別訓練(50回)

生命訓練10回(必須
気合訓練10回(推奨)
腕力訓練10回(推奨)
器用訓練10回(推奨)
魅力訓練10回(推奨)

装備入魂

不足している能力をお好みで。

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
腕力訓練50
器用訓練20

追加訓練(45回)

生命訓練20
気合訓練20
魅力訓練 

 

行動パターン

敵の数が体以下の場合
無影一閃で一気に攻撃にかかる。

敵の数が体以上いる場合
乱れ吹き矢で敵全体を攻撃する。
雑魚が相手の場合なら殲滅に貢献できるし
ボスが相手ならば行動阻害が期待できる。

初手が済むと
敵に攻撃付与詠唱付与がついてる場合
全体看破で消しにかかる。

敵に結界が張ってある場合
その標的の生命が8割を切っているときだけ
結界を破る行動に移る。
これは、敵全員に結界が張ってあったりした場合。
延々と結界破りを行うのを防ぐためだ。

それを終えると疾風怒濤を使用し
攻撃態勢に移る。
敵が詠唱の韻などを行わない限りは
ここからアタッカーとなる。

敵の攻撃が激しい場合などは
飛跳神速流水に差し替えた方が安定する。
その際、同じ標的に延々と行わないように
工夫すること。

家臣指示」を行うと
一番攻撃力が高い敵に対して
流水を行う。
回復が追いついていないとき
盾の体勢が整っていないときに指示しよう。

 兵助

「忍法家臣は
そこに存在するだけ”でも
徒党に貢献できる優れたサポート特化だ。
うまく行動を指示できれば
こちらに流れを引き込むことができる。」

対雑魚戦 対ボス戦で分けて
行動パターンを組み込むべきだが…
今回はどちらにも何とか対応できるような
汎用パターンを例として挙げた。
より雑魚戦向けのパターン。
よりボス戦向けのパターン。
各々で考えて工夫してくれ。」

「最近のダンジョンでは
敵に多くの鉄砲・弓持ちが
いたりする場合もある。
そういうときに忍法家臣が
一番輝くだろうな。」

「汎用性の高さ故に
訓練回数の振り分けに悩むと思う。
が、それぞれのステータスが
一定値を超えていれば
実際そんなに困ることはない。
目安として
斎藤家に所属している
下忍のステータスを用意したから
参考にするといい。」

「[忘却の魔境]や
[九州三国志]なんかでも十分活躍する。
一人いるだけで看破と結界を任せられるしな。
楽なもんだ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。