家臣団 演舞

概要

属性近接攻撃を多く持ち
硬い敵に対しても一定のダメージが期待できる。

全体看破痺れ切りなど
一通りのサポート技能も有し
味方に属性槌を付与することも可能。

必要に応じて
場の四象を下げることによって
敵の妖術ダメージを抑えることもできる。

※注意
家臣特別訓練券の有無で
訓練方法・行動パターンがかなり変わってくる。

 

初期振り

アタッカー職なので腕力は10振り

自身の気合回復速度の保証と
釣り技能への耐性を上げるためにも
魅力は出来るだけ上げておきたい。

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
腕力訓練40
魅力訓練40

追加訓練(45回)

生命訓練20
腕力訓練20回(器用か気合に分けても良い。)
気合訓練 

特別訓練(50回)

生命訓練10回(推奨
気合訓練10回(必須
腕力訓練10回
器用訓練10回(推奨)
魅力訓練10回(推奨)

装備入魂

編成にも依るが
完全にアタッカーなら腕力。

必要に応じて器用か魅力。

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
腕力訓練50
魅力訓練20

追加訓練(45回)

生命訓練20
気合訓練10
器用訓練10
腕力訓練 

 

行動パターン

初手は、相手にがついているときのみ全体看破を行う。

看破する必要がない場合は
鬼舞天衣無縫などで
反射結界がない敵を攻撃する。

気合に困ると吉祥の謡を行い
技能の消費気合を下げる。

呪縛を受けると
魅了の睨みで敵数体を魅了する。
気合が足りない場合は間接攻撃を行う。

家臣指示」を行うと
味方に気合継続回復効果がない場合
意気衝天を行う。

すでにある場合
迦具土の神舞で味方全員に
炎効果の槌を付与する。

すでに槌がついている場合は
魅了の睨みを行う。

 

 兵助

「近接攻撃職の中で最も与ダメージが安定している。
看破や痺れ斬りも備えているから
うまく行動パターンに組み込んでやれば
心強いアタッカーになるだろう。」

「他の近接攻撃職と同じく
反射結界には弱い。
忍者か密教僧で破ってやってくれ。」

魅了の睨みは意外と決まりやすい。
忘却の魔境の序盤や軽いボスなんかでは
役に立つだろう。」

家臣特別訓練券がない場合
魅力不足で魅了の睨みが決まらない。
行動パターンから外しておくこと。
また、必要ないなら完全に削除しておけ。」

「最新ダンジョンで役に立つかと言えば…
まぁ…素直に他の助力NPCを頼れ。

回避術極意があるから
あるていどの生存能力がある。
それを期待して初期振りは耐久を振ってない。」

家臣指示すると、味方全員に槌を付与するが…
これは生命吸収などの効果を上書きする。
邪魔になるようならパターンから外しておけ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。