家臣団 密教

概要

敵の妖術ダメージを軽減する
孔雀明王法軍荼利明王法を持つ。
敵に術士が多い場合役立つだろう。

一通りの回復技能を有し
サブ回復の位置づけ。
他にメインの回復役が居た方が良い。

どの技能も消費気合は多めなので
気合訓練は大目に積むと良いかもしれない。

 

初期振り

生命と気合の確保の観点から耐久知力振り。

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
知力訓練40
魅力訓練30
気合訓練10

追加訓練(45回)

生命訓練20
知力訓練20
魅力訓練 

特別訓練(50回)

生命訓練10回(推奨
気合訓練10回(必須
耐久訓練10回
知力訓練10回(推奨)
魅力訓練10回(推奨)

装備入魂

全て知力へ。

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
知力訓練50
気合訓練20

追加訓練(45回)

生命訓練20
魅力訓練20
気合訓練 

 

行動パターン

 

まず孔雀明王法を行い
味方全員に術結界を張る。
以後これを維持するため
頻繁に更新する。

詠唱付与があると
味方の生命残量如何に問わず
全体蓮華・蓮華を入力する。
気合が足りなければ
回復・弐 回復・壱 とランクが下がる。

詠唱付与が無いと
菩薩の光明を入力し
味方全員の無属性呪詛耐性を上げる。
すでに耐性が上がっている場合は
智拳印軍荼利明王法を行う。

自身の生命と気合が枯渇した場合
ダメもとで大往生を入力する。

家臣指示」を行うと
味方の蘇生を試みる。
死人が居ない場合は
敵の結界を破る。

 

 兵助

「敵の術攻撃が激しい場合。
回復を厚くするより
術結界を張った方が
被害を抑えることができる。
 敵に術士が多いなら密教僧の出番だ。

「詠唱付与を切らさず維持してやれば
孔雀明王法全体蓮華を交互に行う。
少なくとも敵の術で壊滅することは
なくなるだろう。」

「詠唱付与が無い場合
菩薩の光明智拳印軍荼利明王法
とにかく味方のサポートに回る。
それらが済んでいる場合は
回向の印で敵を攻撃しつつ味方を回復する。」

「徒党が壊滅寸前になると…
ダメもとで大往生を入力することがある。
うまくいけば持ち直すがリスクも大きい。
不安なら行動パターンから外しておけ。

「とにかく家臣は生命が低い。
それ故に敵の妖術で一斉に斃れることも多いが…
密教僧がいればそれをある程度防ぐことができる。
少し強めの旧ボスなんかでは必須かもしれないな。」

「最新ダンジョンでは…
強いて言えば「真田クエ」でなら
サブ回復としてなら使っても良いかもな。
あのクエ、固有の回復役がポンコツだから。」

「とにかくすべての技能がヘイトを集めやすい。
自衛力はほとんどないから
盾役は必死に守ってやること。
生きていればそれなりの働きはしてくれる。

「[家臣指示]すると
準備を厭わず蘇生を試みる。
死人が居ないと敵の結界を破ってくれる。

…他にも生命吸収なんかを配るように
設定してもいいかもな。」

6 件のコメント

  • 初めまして 家臣に関して とてもわかりやすくて
    全部みています。 神職 鍛冶 なでなど全職 の家臣が
    出てくるのを楽しみにしています^ ^

    • はい!コメントありがとうございます!
      全ての家臣のパターンを紹介予定ですので
      お待ちください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。