家臣団 僧兵

概要

飛天発遣撃・阿修羅槍など
一通りの近接攻撃技能を持つ。

金剛力を使用することで
与ダメージを蓄積し、
羅刹浄天により蓄積分の
回復を行うこともできる。

解呪全体蓮華
菩薩の光明などを有し
一応サブ回復としての
仕事を果たせる。


看破も術止めも出来ず
攻撃の決め手もないサブアタッカー。
決定的な回復手段を持たず
術軽減を持たないサブ回復。
という感は拭えない。
器用貧乏である。

 

初期振り

(汎用振り)
一応アタッカーなので腕力は10振り。
生命確保のため残りを耐久へ。

(完全矛振り)
腕力10 残りを器用へ

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
腕力訓練40
魅力訓練20
気合訓練10
器用訓練10

追加訓練(45回)

生命訓練20
腕力訓練20
気合訓練 

特別訓練(40回)

生命訓練10回(推奨
気合訓練10回(必須
器用訓練10回(必須
魅力訓練10回(推奨)

装備入魂

全て腕力へ。

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
腕力訓練40
気合訓練20
器用訓練10

追加訓練(45回)

生命訓練20
魅力訓練20
気合訓練 

 

行動パターン

金剛力を行い
自分に強力な付与をし
蓄積状態になる。

反射結界を持つ敵の生命が減っている
場合に限り
諸行無常で結界を破りにかかる。

自身に攻撃付与がついている限りは
飛天発遣撃で攻撃し
無い場合は閻魔撃阿修羅槍で攻撃を行う。
気合の多寡に応じて
僧兵連撃気合撃を使い分ける。

何回か攻撃をし
蓄積値が6000を超えた時
羅刹浄天で味方三体を回復する。

味方に沈黙や呪縛、小細工無用などの
無属性呪詛が付くと全体解呪を行う。

 

家臣指示」を行うと
生命の減った味方に対し
極楽浄土を行う。
特に生命が減っていない場合は
金剛力を行う。

 

 兵助

攻撃役としても回復役としても
非常に中途半端だ。

「攻撃に決め手があるわけでもなし、
そのうえ空振りも目立つ。
金剛力の付与が残っていないと
貫通力もいまいち。

「回復も一応行えるものの
他の回復職には二歩も三歩も及ばない。
詠唱付与を付けたら蓮華を行うように
設定したとしても…
それだったら他の職業の方が良いよな?」

器用をいくら振ろうが
僧特有の鈍さか?
避けられることが多い。
そして攻撃が当たらなければ
蓄積値も貯まらない。悪循環だ。

「あれもこれもやらせようとすると
攻撃力気合生命器用魅力
振ることになる。
そして苦労して訓練を乗り越えたとしても
労力に見合った働きは見込ない。」

「一言でまとめると
器用貧乏だ。
色々な行動パターンを組み込んでも
結局何がしたいかわからないやつになる。
攻撃蓄積開放に集中させるのが一番ましだ。」

「[家臣指示]すると
生命が減っている味方に極楽を張る。
助けになるといいな。

味方がぴんぴんしてるなら
金剛力を行う。
少しでも与ダメが上がるといいな。」

現時点ではどう運用していいのかわからん。
せめて敵の耐性を下げる技能でも
僧兵にだけくれたら
バランスとれそうなもんだけどな・・・。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。