家臣団 刀鍛冶

概要

受けた被害を蓄積値として蓄え
敵に攻撃する際ダメージを上乗せできる。

味方を守りつつ耐え忍び
一気に敵を倒してしまうことも可能だ。

初期振り

文句なしの耐久10振り。

残りは魅力へ。

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
耐久訓練40
魅力訓練40

追加訓練(75回)

生命訓練75

 

特別訓練

生命は最低行おう。

 

 

家臣熟達

生命を最優先なのはどの盾職でも同様。

あとは魅力を優先しつつ
敵によって耐久や気合を
上手く組み分けること。

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
魅力訓練50
気合訓練20

追加訓練(55回)

生命訓練75

 

 

行動パターン

 

憤怒威圧・弐をはじめに入力する。
あまり釣れなかった場合はさらに憤怒威圧・弐

防御付与を切らさないように動くため
相方の盾役は釣りに徹するとうまく回るだろう。
武士道軍学が望ましいかもしれない。

釣れていない敵を烈孔で個別に釣ることもある。
気合が足りなければ挑発を行う。

蓄積値1万を超えたうえで
自身の生命に余裕がある場合
烈震撃で間接攻撃を行う。

家臣指示」を行うと
最も生命が低い敵に対して
滅魂撃を行う。
とどめをさせれば蘇生不可状態に出来るが
近接攻撃なうえ必中ではないので注意。

プレイヤーが密教や神職など
蘇生不可にできるのであれば
真・裂空撃と差し替え推奨。

 兵助

「受けたダメージを蓄積できることが
なによりも強みだ。」

「本来なら…
耐えに耐えて貯めた蓄積を
 烈震撃で一気に解放!
っていうのが刀鍛冶なんだろうが、
上に書いてある行動パターンでは
あまり蓄積値解放は行わない。」

「今回勧めているパターンは
何よりも”生きて守る”ことを
優先している。
蓄積値が少しでも貯まったら
すぐに憤怒威圧で消費することになる。」

英気絶呼で自身の生命回復も行うんだが…
妙な補正がかかって3000前後しか
回復しないことが多い。
蓄積を攻撃に回したいのであれば
項目を削除してくれ。」

「結局はこれも構成と戦術次第だ。
火力が足りていない構成なら
 蓄積は攻撃に回す。
火力が十分であれば蓄積は守りに使う。

 

「二者詠唱などと同じくして
挑発・弐を組み込んでも
上手く動かないことが多い。
運用できる自信があるなら
行動設定に組み込んでみてくれ。」

 

 

 

もどる

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。