家臣団 暗殺

概要

攻撃特化。
同職業内では随一の攻撃力を持つ。

看破や敵の行動阻害も可能。
守護抜け技能も備えているので
場合によって使っていきたい。

 

初期振り

 

アタッカーなので腕力は10振り。

残りは魅力へ。

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
腕力訓練40
魅力訓練40

追加訓練(45回)

生命訓練20
腕力訓練20
魅力訓練 

特別訓練(50回)

生命訓練10回(推奨
気合訓練10回(推奨
腕力訓練10回(推奨)
器用訓練10回(推奨
魅力訓練10回(推奨)

装備入魂

腕力へすべて入魂。

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
腕力訓練50
魅力訓練20

追加訓練(45回)

生命訓練10
気合訓練10
器用訓練10
腕力訓練15

 

行動パターン

 

 

 

 

 

敵に詠唱の韻などがついている場合のみ
全体看破を行う。

自身の生命に十分な余裕がある場合
陽炎で敵を攻撃し
自身の攻撃力を上昇させる。

主に残影二連で敵を攻撃し
次いで紫燕殺、暗殺乱舞などを入力する。

敵に結界が張ってある場合
その標的の生命が8割を切っているときだけ
結界を破る行動に移る。
例によって敵の結界を延々と破る行為
防ぐためだ。
結界破り屋として働かせたいのなら
「結界破り」の項目の
「対象の生命」の条件を消去すればいい。

家臣指示」を行うと
一番攻撃力が高い敵に対して
変幻自在を行い
次いで連続攻撃を入力する。

敵に行動不能耐性がついている場合
電光石火を入力し、敵の守護を無効化する。

 兵助

「忍者家臣の中でも
特に攻撃力が高い特化だ。」

「忍者だから基礎器用は高め
さして器用訓練を行わずに済む。
その分腕力魅力に振るのがいいかもな。」

電光石火を持っているので
敵の守護を掻い潜れるのは良いんだが…。
家臣は覚醒で効果時間を延ばすことができないので
運用するのは難易度が高い。
上では無理に使用しないスタイルを敷いている。

「御察しの通りだ。
最新ダンジョンでは役に立たん。
だが一言だけ言わせてもらうと…。」

「安土武芸大会で延々と
鬼出電入・志」を入力する
門下生忍者よりは使えると思うな。俺は。」

「旧ダンジョンでは十分期待に応えてくれるだろう。
最低限の動きは保証するし、そこそこの火力は出る。
攻撃特化なんて要は、どれだけ気に入っているか、だ。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。