家臣団 陰陽道

概要

陰陽師の中でも
特に優れた属性術を扱うことができる。

術アタッカーの括りの中では
最強の一角を誇る。

特に雑魚敵を相手にする際
高い殲滅力を持っている。
(いわゆるメテオ家臣)

家臣特別訓練券が無くても
実用に耐えうる家臣を訓練可能。

 

初期振り

知力を10振り。

残りは耐久へ。

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
知力訓練40
気合訓練40

追加訓練(45回)

生命訓練20
気合訓練20
知力訓練 

特別訓練(40回)

生命訓練10回(推奨
気合訓練10回(推奨
知力訓練10回(推奨
魅力訓練10

装備入魂

すべて知力へ

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
気合訓練50
知力訓練20

追加訓練(45回)

生命訓練20
気合訓練20
知力訓練 

 

行動パターン

 

 

気合が十分にある場合
宿曜星振の準備を入力し
次ターンに強力な妖術を
敵3体に対して行う。

敵に術結界がある場合
星辰法を行い
自身の術を強化する。

鬼道凶禍で主に攻撃を行う。
その気合が確保できない場合
奪生気で自身の気合確保を図る。

家臣指示」を行うと
方違を入力し
味方全員の四属性術耐性を上げる。

 兵助

「いわゆるメテオ家臣だ。
準備して隙を晒すものの
敵3体に対して
6000超のダメージが見込める。」

「訓練方法も至って単純だ。
生命気合知力を振ればいい。
言ってしまえば家臣特別訓練券
用意しなくても構わない。」

 

「と、ここまでが雑魚相手の話。
問題はボスが相手の時の動きなんだが…。」

長くなるから
 暇な奴以外読み飛ばせ。

 

「メイン攻撃技能として
森羅天翔
 大極四方陣
 鬼道凶禍
の3つが挙げられると思う。」

森羅天翔に関しては…
自身の属性値
相手の属性値の差を参照して
ダメージ計算が為されるため、
敵の属性値が高ければ
ダメージが激減したりする。」

「もちろん星辰法を行えば
属性値の差によるダメージはなくなる。
が、星辰法の効果が切れるたびに
かけ直す必要があるってのは
アタッカーとしてどうだろうな?」

「そして…森羅天翔でダメージを出そうと思ったら
属性値の訓練までやらせる必要がある。
…で、属性値の訓練やらせようと思ったら
気合の訓練回数を削ることになるよな?
そうなるとメテオ家臣としての機能は失われる。」

「以上から森羅天翔をメイン技能にするのは
おすすめしない。」

 

「で、次。
大極四方陣だが…。」

「継続火力だけでみると
この技能が一番だ。
森羅天翔並のダメージを出しつつ
蓄積を貯めてしまえば
真・四方体極を入力可能になり
1万程度のダメージをたたき出せる。」

「デメリットだが。

「これを入力した後、物理被害を受けると
気合ダメージも受ける。
まぁ準備技だから当然だよな。
回避はできるんだが…陰陽師の器用さでは御察しだ。」

「で、気合を削りきられると行動不能になる。
行動不能になるともちろん最初から蓄積やり直し。
話で聞くだけでも不安定だよな。」

「プレイヤーが盾職で完璧に敵を釣っていたとしてもだ。
敵の全体物理攻撃なんかには対応できないだろ。
結界張らせれば多少マシだが…。」

 

「つまりだ。
不安要素が強い技能を使うくらいだったら
自身の知力が一定あればダメージが保証されてる
 鬼道凶禍が一番信頼できるよな。って話だ。」

「知力振ればいいだけだから
メテオ家臣として雑魚狩りでも活躍できるし
ボス戦でも問題なくダメージ繰り出せるだろ。

 

「長くなったが
鬼道凶禍が一番安定してるね。って話だ。
忘却の魔境などのダンジョンでは
ただでさえ家臣だけで戦線が不安定になりがちだから
出来るだけ不安要素は取り除きたいと考えた。」

 

「火力至上主義者がもしもいたら…
属性訓練特化の陰陽道でも育ててみてくれ。
誰もやってなさそうだし、ロマンはあるかもな。」

 

「いろいろ言ったけど
雑魚狩り性能はとても高い。
一人は訓練しておくと便利だぞ。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。