家臣団 能楽

概要

場の地勢を操ることに特に知悉しており
戦況を大きく変える術を持っている。

詠唱や気合などのサポート技能も優秀なうえ
傾奇者の中で唯一「全体解呪」を使用できる。

家臣特別訓練券も必要ではない。

 

初期振り

 

知力を10振り

残った分は耐久へ。

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
気合訓練40
知力訓練40

追加訓練(45回)

生命訓練20
知力訓練20
気合訓練 

特別訓練(40回)

生命訓練10
気合訓練10回
知力訓練10回
魅力訓練10

装備入魂

全て知力へ

 

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
知力訓練50
気合訓練20

追加訓練(45回)

生命訓練20
知力訓練20
気合訓練 

 

行動パターン

開幕の二手の動きは幽曲の調・弐。
攻撃力は低い順に対象を選ぶため
大概回復職二人に配るはずだが
保険で二回行うようにしてある。

 

 

 

まず気合の確保のため
吉祥の謡を入力したのち
味方の気合回復速度が上がっていない場合
意気衝天を行う。

次いで場の回復量を上げる
験気の謡を使う。

味方に無属性呪詛・地属性呪詛が付いていると
祓いの調を行う。

全体看破を有するが
敵の無属性付与火属性付与にのみ反応する。

味方に耐性低下している者がいると
浄化の調で解除する。

 

 兵助

「地勢を操ることによって戦局を弄る特殊な特化だ。」

吉祥の謡験気の謡
消費気合を抑えたり 回復量を底上げしたりできる。」

詠唱付与意気衝天全体解呪も持っているから
かなり優秀なサポート役だ。」

「ただ問題がひとつあって…
せっかく二人に詠唱付与が行える
幽曲の調・弐があるんだが
条件付けがとても難しい。」

回復役が「仏門密教」とか
神通医学」とか
同職なら簡単な条件で済むんだが
薬師・僧とか他職コンビになると
上手く両者に詠唱付与をしてくれない。

「だから不本意ながら
不確実な「攻撃力」を以て
詠唱付与の対象として選ぶようにしたんだが…
構成によっては上手くいかないと思う。
その場合は「幽曲の調・弐」の項目を削除してくれ。」

「あと行動設定のいちばん上の項目が
何も設定してないと思うんだが
ここには好みで凪の謡九死一生の謡
いれてつかってくれ。」

「雑魚狩りの時には邪魔にしかならないから
最初の設定ではどっちも抜いておいた。
まあ雑魚狩りで能楽家臣なんて使わないかもしれないけどな。」

「使ってみたけど
最新ダンジョンでも意外といける。
ああ…ボスは無理な。雑魚とか中ボスの話。」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。