大将の愛した研磨石

 

彼のことを
旗本と警護は「大将」と呼んだ。

そして大将は警護のことを「研磨師」と呼んだ。

警護の稼業の一つが研磨師だったからだ。

「おお、きょうもすうちがふえねえ、
けんませきが そこをつきそうだ。」

 

 

 

 

 

研磨石をたくさん用意したぞ。

 

真田のクエでいっぱい集めたよ。

いっぱいたまったから使ってみようねー。

 

 

 

⇩ちなみに使用前はこれ。

 

⇩使用後

 

 

 

前回よりはましだけど…

案の定伸びが悪くなってきた。

 

 

はい 黒金剛の研磨石のシステムとして

 

「数値が移動した際 その数値が増えることがある。」

 

そんでもって

「移動する数値は一回で一種類のみ。」

まぁつまり。

 

 

付与限界に達した数値が多いほど
能力が上がりづらくなっていくんですね。

 

 

 

今私が磨いているこの石でいえば…

 

既にマックス(+125)になっている数値が2種類。

この+125の方が移動対象になっただけでもうアウトなんですよ。

 

 

知力(+61)か水属性(+28)が移動対象になってくれないと数値が増えません。

 

そんで うまく移動対象になっても

数値自体が増える可能性がすごい低いのには変わりないので…

 

数値がカンストするたびに

マゾくなっていく仕様なんですねー。

 

 

 

「使った研磨石 累計 約1140個。
貫に直すと 約5700万貫。」

「上がった数値 +139。

「一度の使用で上がった最高の数値 +2。

「使用することで数値が上がる確率 約7%。
 そして数値が頭打ちするごとに確率は下がっていく。

 

 

 

 

「みてごらん、この恐らく誰の役にも立たない数字の連なりを。
使った研磨石の数はとっくに1000を超え
貫に直すと絶望的になり、自慢にもなりはしない。
滅多に存在しない馬鹿だよ。」

「愚かだと思わないかい?
君が手に入れた神秘石と
私が持ってきた研磨石が
ここまでロマン値に投入されるなんて。」

わたしたちはただの和紙の裏に
いつまでも視線を落としていた。
たまたま投げた手裏剣が、準備に当たって止まったように。
かかった経費と かけた時間が
後悔の流れになってめぐっている様を
とりあえず追いかけていた。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。