09/07 今週は何すればいいの!?

お供育成応援キャンペーン

 

9月5日(水)~9月26(水)

・戦闘勝利時 経験値+50%
・漢方使用時 経験値+50%
・お供がいっぱいごはん食べられる。
・期間中 友好度が下がらない。

・贈物奉行から
 「お供初心書」
 「良質漢方」
 「良質おやつ」
がもらえる。

 

他には?

・お供初心書が10万貫で買えるよ。
・忍者お供が出やすい(笑)お供箱がコインで買えるよ。

 

 

 

9月のもののふの日

もののふの日キャンペーン期間
期間:9月11日(火) 0:00 ~ 23:59

 

・この期間中に安土にいる
「もののふ小町」に話しかけ
鍛錬用竹刀を手に入れる。

・竹刀振ってると漢方が手に入る。

・竹刀振らせたまま放置。漢方いっぱい。

 

・参加した人数に応じて
経験値とか上がる。
このボーナスは9月26日の9:30くらいまで。

 

・技能経験値は最大で
一戦ごとに30000入るようになる。

・侍で言うと…
特化9までの目録にボーナスが入る。
※いつもは特化7までの目録。
 

 

 

今週やることは4つだけ

・育ち切ってないお供がいたら漢方食わせる。
・贈物奉行から「お供初心書」もらう。
・必要なら鳥獣商から「お供初心書」買う。

・9月11日に安土で竹刀振る。

 

 

 

 

 

 

 

「・・・は?」

 

 

「?????
新介?
どうしたでござるか?」

 

 

 

「いや・・・。
実りの秋なんとかキャンペーン
ってやつの説明ねーよ?
兵助サボりか?
しまいにゃ耕すぞ?」

 

 

 

「それ来週から。」

 

 

 

「は?」

 

 

 

 

「いや、だから。
秋の味覚狩りイベント
9月12日~。
つまり来週から。」

 

 

 

「?????なんだそりゃ!
公式サイトにこれだけ
でかでかと書いてあって
画像もどかーんと貼ってあって…
来週から!?
紛らわしいんじゃ!

 

 

 

「知らん。
公式的には…

来週ペットのイベントやるから、
今週はペット育てろ!
飯食わせろ!コイン買え!
課金やめるな!

ってことらしいぞ。」

 

 

「どーでもいいわい!
お供なんぞ…
常に犬猿の仲なのが
プレイヤーのストレスが一番少ない。
現状だろうが!」

 

 

「お供の友好度に関しては
まったく以てその通りだな。

この際だから
友好度は廃止して
エサ遣りが毎日の義務。
みたいになってるのを
何とかしたほうがいいと思うな。」

 

 

 

「ほんとだぞー。
俺なんか毎日やるのだるいから…。

週1でペンギンの口の中に
おやつ50個一気に押し込んでるぞ。

 

 

「どっかから苦情来そうな餌遣りだな…。

エサ箱みたいなのを実装すりゃ
解決するんだけどな。

そこにおやつ納めとくと
お供が勝手に食うシステム。

できないことないとおもうんだが。」

 

 

 

「そりゃ楽ちんでござるな!
エサ箱!

新生産品として実装すれば…
きっと大儲けできそうでござる!」

 

 

 

「おー!
いいじゃねえかそれ!
要望送ろうぜ!送ろうぜ!
ぜひ実装されてほしー!」

 

 

 

「まあ絶対実装されないけどな。」

 

 

 

「なんで!?」

 

 

 

 

「そらお前…
課金おやつを売るためだよ。

犬猿の仲から一気に
友好度上げたい人らがいるから。」

 

 

 

「エサ箱導入してみろ。
みんな友好度に困らなくなるから
課金おやつなんてよっぽど売れなくなるぞ。」

 

 

 

 

「あんだよ。
絶対便利だとおもうんだけどなー。」

 

 

 

「そもそも友好度っていう
システムからおかしいからな。

なんでストレスにしかならん
ステータスを設定したのか…。

家臣はまだいいよな。
死なない限りは友好度下がらないから。」

 

 

 

 

「そのうちお供も戦闘で死ぬようになって…
死ぬたびに友好度が下がって…
そうして下がった友好度は
特別課金おやつを食べさせないと
回復しないとかきたりしてなー。」

 

 

「そして…
お供が戦闘不能になりすぎると
お供復活剤なんて
課金アイテムがないと
もう連れまわすことも無理になったりして。」

 

 

 

「そしてお供復活剤
何回も使用していると
お供葬式代と称して
コイン取られたりしてな。
そして未来永劫お供グッバイ。

まさかのお供消耗品制。」

 

 

 

「はっはっはっはっは!」

 

 

 

 

「(コーエーならやりかねない…?)」

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。