殺陣指南(奥義ページ)

 

殺陣指南の奥義を紹介するページです。

 

 

導音~開花

種別:二人共演全体回復

待機:2分

 

 

汎用奥義モーション。

特徴

回復奥義候補その1

奥義自体で3000以上回復でき、
全体解呪・合掌の効果もある。
共演者にはもちろん詠唱付与が付く。

殺陣本人と共演者
両者とも沈黙状態でも使用可能だ。

 

加え

一定時間ごとに自動で追加行動するようになる。

⇧自動で全体を回復してくれる。

総回復量で考えれば
こちらの回復奥義はとても優秀。

 

 

共演すべき職

・僧
・薬師

・古神典

 

 

あれこれ

奥義自体の回復量は3000以上。
追加行動が一回につき2000弱。

→追加行動は数回行われるので
敵の攻撃が激しくなるのを予見して
この奥義を行っておくと多少楽になる。

 


 

 

 

 

啓示~共鳴

種別:二人共演全体特殊付与

待機:5分

 

共演者についている付与を
レベル2にして
味方全員にコピーする。

 

 

モーションは啓示~光耀と同じ。

特徴

啓示~光耀の完全上位で

味方に共演に乗ってもらうわけではなく
殺陣側が味方を指定して発動する。
(共演側は別の行動ができる。)

そして配られる付与はレベル2なので
しばらく看破などを気にせずに済む。

 

 

 

共演者に指定すべき職

・盾鍛治
・僧兵

その他 強力な付与持ち

 

 

あれこれ

・味方の行動を制限することなく
味方の強力な付与を配ることができるため、
使い方次第では戦況を覆せる。

→味方のを配ると
敵の「つるべ撃ち」等の全体物理攻撃が
怖くなくなる。

 


・味方の特殊な付与を配ることも可能。

→忍法の「投刃波濤
雅楽の「連武具神楽」等の効果も
しっかりとコピーできる。

構成と戦況に応じて
とても面白い使い方ができる。

 


・コピーできるのは四属性付与のみ。

詠唱付与などのはコピー不可。
それに伴い特殊な効果を持つ▲も
コピーは不可能。

 

 

 

導音~唱雪

種別:二人共演全体回復

待機:5分

 

殺陣本人と共演者が獅子舞のような動きをしー

 

 

勢いで味方を回復する。

特徴

殺陣の回復奥義候補その2

回復職と共演して
味方全員の生命を4000程度回復する。

その際全体解呪効果もある。

 

共演すべき職

・僧
・薬師

古神典

 

あれこれ

・殺陣本人と共演者
どちらとも沈黙状態でも使用可能。

→全体解呪の効果もあるので
立て直しにはとても便利。

 


・普段の実装には「唱雪
切り替え先には「開花」が良し。

→追加行動状態時に武装切替を行うと
追加行動状態が解除され「一人舞」が発動しなくなる。

 

 

 

 

 

導音~吟星

種別:二人共演全体蘇生

待機:なし

 

蘇生技能で共演を行い
味方全員を蘇生する。

 

 

殺陣本人と共演者が祈りを捧げー

 

戦闘不能状態の味方全員を蘇生する。

特徴

如来久世や蘇生・壱などの技能で共演して
味方全員を蘇生する奥義。

回復量こそ2割程度のものの
生殺与奪などと組み合わせると
一気に立て直しが可能。

また気合も少し回復するので
蘇生された瞬間から行動可能。

 

 

共演できる職

・僧
・薬師

 

 

あれこれ

・回復量は2割。

→蘇生奥義の直後に全体術などが来ると壊滅する。
妨害系奥義などと組み合わせられれば
一気に立て直しも可能。

 


・システム上最大で5人蘇生可能。

→救援時などにダメもとで入力するのもあり。
運が良ければ負け戦も持ち直せる。

 


・蘇生可否に関わらず
味方全員を生命気合継続回復状態に。

→気持ち強めの活身と気合の韻。
だがこれだけで乗り切られるほど
強力なものでもない。

 

 

その他の奥義の備考

攻撃系奥義はどれも残念…

宿星~夢幻
桜花~太刀風
宿星~灼光

等の奥義はどれも火力が低い。

蓄積系を開放したりしなかったりと
多様ではあるが…
基本的な威力がどれも低く
勇士の通常技能の方がダメージがでるものもある。

よって奥義として選択肢に入るのは
今回紹介したどれかだろう。

 

殺陣指南ページへ

殺陣指南(技能ページ)1

殺陣指南(技能ページ)2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。