刀鍛冶(技能ページ)

刀鍛冶ページ

 

刀鍛冶の主要な技能を紹介していきます。

各技能の特徴をつかみ
敵や味方の構成によっては
技能の入れ替えを行いましょう!

 

 

憤怒威圧・弐

効果

蓄積値3000を消費し敵全体を挑発する。

 

あれこれ

・釣れた敵の数に応じて自身の防御力が上がる。

⇨敵7体を釣ることができれば
鎧の極み2枚以上の硬さになる。

 


 

・たとえ一人も釣れなくとも自身の防御力は上がる。

⇨釣れなくてもレベル2のが付与される。
つまりは暇なときにでも入力しておけば
それだけでも安定に繋がる。

 


 

・入力時にさえ蓄積値3000あれば問題ない。

憤怒威圧を入力して発動するまでの際
獅子列吼共演技能などで蓄積値が0になっても
通常通り憤怒威圧は発動する。

⇧たとえ蓄積状態がなくなっても
憤怒威圧は発動する。
入力できる状況であれば
してしまったほうがいい。

 

 

 

獅子烈吼

効果

敵単体を挑発する。
その敵の物理攻撃を必ず回避し
そのうえで蓄積値を上乗せした反撃を行う。

蓄積値が最低3000ないと入力できない。

 

あれこれ

・反撃ができないときもある。

⇨自身が行動不能な場合はもちろん。
敵の攻撃の種類によっては反撃不可なものもある。

⇧一部の攻撃技能には反撃自体が発動せず
回避するのみとなる。
生命吸収獅子烈吼で回復を狙っているときなど
特に注意が必要だ。

基本的に「連突」「流星突き」「連刃」
などの特殊モーションには
反撃不可なものが多い。

 


 

・獅子烈吼の次の行動は憤怒威圧が安定。

⇨自身の付与の維持のためにも
次に行う行動は憤怒威圧がベター。

また一人でも獅子烈吼で標的固定している場合
獅子烈吼は入力不可となる。

 

 

 

 

 

忍気呑声

効果

敵全体を挑発し自身の防御力を上げる。
その際蓄積値3000が加算される。

回数制限:3回

 

あれこれ

・防御力は上がるが…。

⇨防御力は確かに上がるが
その際付与される▲はレベル1。
全体看破で簡単に消えてしまうので注意が必要。

 


 

・蓄積貯蓄用と割り切るも良し。

⇨蓄積値が0の場合憤怒威圧が入力できない。
何らかの形で蓄積値がなくなってしまった場合
この技能を使用するのがいいだろう。

 

 

 

怒気怒号

効果

敵ランダム4体を挑発する。
挑発成否に関わらず
自身に特殊状態を付与する。

 

 

あれこれ

・特殊状態の効果は次回蓄積値2倍。

⇨例えば5000ダメージを受けたら
10000の蓄積値を得る。
ちなみに効果は次に受ける攻撃のみなので
5ダメージ受けても蓄積値が10増えて終わり。

 


 

・発火の心と効果が競合する…。

⇨発火の心の蓄積効果は10倍。
その蓄積効果を潰しかねないため
こちらの標的固定技能はあまり使われない。

 

 

 

憤怒の拳

効果

自身を被ダメージ蓄積状態にし蓄積値3000を得る。

実装さえしていれば
戦闘開始時から発動しているため
入力する必要はない。

 

あれこれ

・蓄積状態が解除されたら入力を。

⇨奥義を使用して蓄積開放したり
戦闘不能状態から復帰したりしたら使おう。

⇧当然のことながら
すでに蓄積状態の場合は効果がない。

加え、蓄積状態であっても
無条件で蓄積値が3000付与されるわけではない。

 

 

 

刀鍛冶ページへ

刀鍛冶(技能ページ)2へ

刀鍛冶(奥義ページ)へ

殴り鍛冶ページへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。