黄金の羅針盤・七 軽い攻略 (ネタバレ注意)

黄金の羅針盤の六と七が手に入ったので紹介していきますね。

 

まずは黄金の羅針盤・七から。

 

災厄の魔導龍

概要

生命がすんごい多い。
そして時間が経つと敵の数が増えていき
最終的に魔導龍が4体となる。

水神の守りを使って
可及的速やかに敵の数を減らそう!

⇧放っておくと4体まで増える。
全員生命力はとても高いうえ
防御力まで高い。

 

 

 

 

 

お役立ちアイテム

こちらを使用すると
一定時間、与ダメが上がり被ダメが下がる。

各員一つしかもらえないが
機を見てどんどんつかっていこう。

効果は味方全体。

 

 

 

 

てきのわざ

魔導の瘴気

生命力を残り2割まで削るブレス。

水神の守りで軽減可。

 

魔導の火炎

全体に1500弱程度のダメージを与え
生命継続減少状態にする。

大したスリップダメージではないうえ
すぐに消える。

 

 

魔導の吐息

全体に3000前後のダメージを与え
を付ける。

少なくともはけっこう強い呪詛。

 

 

魔導紅蓮弾

準備技。

準備はぜんぶ潰したので詳細不明。
こちらの技は1の災厄の魔導龍のみ入力する。

 

 

 

破滅の咆哮

気合が0になり痺れると入力。

全体に微量なダメージを与えたうえで
気合を6000ほど削る。

つまり準備潰したり
一刀流で気合責めをすると来る。

 

⇧とてもまともに動ける状態ではなくなる。
気合責めは危険だから避けるべきだし
準備を潰すのもまた危ない。

準備技の詳細が不明なため要検証。

 

 

 

 

戦った感じ

1の準備技が通して良いものなのかわからないこと。

割合ダメージ技からの
各種全体ブレスで崩れることが多い。
水神のお守りでどれも軽減可能なので
敵が多いうちは水神のお守りの効果を維持したいところ…。

どの技がいつくるかは完全に気まぐれな気がする。
いいアルゴを引けば楽勝かも?

 

 

 

 

 

報酬

金貨3000枚

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。