躑躅ヶ崎から八王子へ

基本的に我が隊は
農民出身の雑兵・足軽ばかりで構成されているので…

主な相手は…同じく敵の雑兵。

 

 

尖兵をあらかた片づけたら…こそこそ兜首を狙う。

 

という行動指標にござる。

 

 

 

うまく間隙を突き…とりつけたら儲けもの!

 

うまく陣を陥落させ
その陣の守りを固めるでござる!!

 

と、一息つくものの…

 

 

 

攻城マップなので敵先陣がありませぬ。

 

 

つまるところ…

 

 

先陣しか安定して落とせない我が隊は
防衛を頑張るしかないでござる!!!!

 

 

 

 

しばらくすると

味方が優勢になり申した。

 

 

 

 

躑躅ヶ崎は兵力が余っているようなので

 

 

 

 

躑躅ヶ崎から八王子へ移ることになりまして候。

北条殿!よろしゅう!

 

 

こちらは激戦!

 

 

敵の攻勢に部隊は散り散りになり
戦線はぼろぼろにござる…。

ちなみに我が隊の勝率と致しては…

 

先陣武将に対して…9割9分!
中陣武将に対して…割!
後詰武将に対して…7割!

本陣武将は弱体してなかったら不可能!

軍師は倒したことがなし!

 

という具合にござる!
多少マシになったでござるな!!

 

 

 

あ…

対人戦にござるか?

 

 

 

 

勝率1割でござる。

 

 

主に以下の点で敗北するでござる。

・子守歌されると負ける。
・魅了されると負ける。
・邪念霧散されると負ける。
・沈黙されると負ける。
・戦闘すると負ける。

 

 

我らの脆弱ぶりは諸国に聞こえている故
戦場では進んで叩いてくる者が多いでござるな!

わっはっは!!!!!

 

はっはっは…。

 

 

 

然るに。

 

 

 

我らの戦術としては

 

 

「一人でも多く地獄に引きずり込む」

作戦にござる!!

 

 

 

 

全隊!!

がむしゃらに

突っ込むのじゃああああ!!!!!

 

一人でも倒せたら即降参にござる!!!

 

あ。

なんか行けそうだったら
そのまま戦闘続行にござるが!

 

 

 

 

これなら勝てないまでも

 

 

 

何人か巻き添えにできるでありましょう!!

 

 

 

 

などと思っていたら…

 

 

 

 

この戦法が通じない相手に遭遇しまして…

敵の旗頭を狙って突撃をかけたものの…

あやつまるで効いておらんぞ!!!???

 

 

手ごたえはあったと言うに!!!

あれか…。

 

敵の最大生命下げるやつ(名前忘れた
がレジられたからでござるな…。

密教も知力付与を考えるでござるか…。

 

 

加え

 

 

陣営技能使った方がいいでござるな。

 

 

くーくんいたら
たしか陰陽のなんちゃらで
与ダメ1.3倍くらい増えるはず。

 

 

 

 

っていうかそもそも

 

伊達家のプレイヤーは

能力やばい人が

多い気がするでござる!!

 

 

 

 

まあ、ともかく
まだまだ腕力不足なのは明白。

幸い。称号でまだまだあげられるゆえ
(軍神10柱すらやってない。

伸び代はそれなりにあるはずで候。

 

腕力を底上げして
中陣後詰を楽々倒せるようなりとうござるなぁ。

 

 

 

 

 

話は前後致すが

 

 

先陣武将であればいざ知らず。

 

 

中陣後詰を相手にしている時

 

味方からものすごい

心配されるでござる。

 

 

もし、とりつき時に割れていたら

 

 

 

1分もしないうちに

救援が来るでござる。

 

※味方が割れることを見越している。

 

 

 

逆光殿や沖田殿。
えねる殿や友軍諸将に於きましては…

いつも支援をいただき!
感謝にござる!!

 

 

どんどん殴って
戦果を稼ぐでござる!!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。