家臣団 修験道

 

概要

護鬼法力・参によって
敵の継続ダメージを無効化しつつ
回復できる点。

味方の耐性を上げ
被ダメージを抑えることができる点。

以上2点が魅力な回復特化。

 

 

初期振り

 

生命が大事なのはどの職業も同じ
耐久は10振り。

残りは知力へ

 

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券が豊富な人向け

通常訓練(120回)

生命訓練40
耐久訓練40
知力訓練40

追加訓練(75回)

生命訓練75

 

特別訓練(40回)

生気と知力は最低行う。

 

家臣熟達

生命を振るのはもちろん。

知力へもしっかり振ること。
魅力は1000程度
気合は多いほど安定する。

 

訓練内容(特別訓練)

家臣特別訓練券がない人向け

通常訓練(120回)

生命訓練50
耐久訓練20
知力訓練50

追加訓練(45回)

生命訓練20
気合訓練20
知力訓練 

 

行動パターン

 

 

開幕の動きは護鬼法力・参固定。
以後掛け直しもするが
効果時間は10分と長いので
するまでもないことも。

詠唱付与がついていると
基本的に上騰治癒で回復を行うが
気合が少なくなっている場合は
妙童双鬼法で回復する。

味方に耐性がついていない場合も
護鬼法力・参を入力する。

暇が出来次第
解呪や蛇紋孔・参などを入力する。

 

 

 

家臣指示」を行うと
詠唱付与があってもなくても蘇生を始める。
死人が居ない場合は山神の祟りを入力。

 兵助

護鬼法力によって
敵のスリップダメージを無効化できるうえ
活身効果も得られる。
爛火や凶風などを多く入力してくる敵向けの特化だ。」

「また耐性上昇効果も持っているし
他に敵の攻撃力を下げるような技能も有しているので
被ダメを予め抑えるのに向いている特化だろう。」

「回復量自体をみると
もちろん錫杖装備のほうがいいんだろうが
懐剣装備も良いぞ。身軽になる。
開幕ウェイト2とかで護鬼法力
行えるし、他の行動も随分と軽くなる。」

「夢幻城とか爛火みたいなスリップダメージきついし
能楽がいないなら、修験道でいいと思うぞ。

 

 

 

もどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。